入院のご案内 外来・訪問のご案内 サービス体制 病院概要 フロアのご案内
HOME > サービス体制

サービス体制

患者さまの回復を支援し、『輝ける人生』を送っていただくお手伝いを、チーム一丸となっていたします

リハビリテーションの必要な患者さまが、再び 『輝ける人生』を送っていただけるように、お手伝いをさせていただきます。

当院では、さまざまスタッフが一丸となって、患者さまの回復を 支援いたします。

  • 医師(Dr.)

    入院担当医を各病棟に専従配置することにより、受け持ち患者様の診療をチームリーダーとして責任をもって担当いたします。各医師はリハビリ科の医師であるとともに、リハビリ専門医、内科専門医、プライマリケア専門医、脳卒中専門医、神経内科専門医等の資格を有しています。また神経内科、整形外科、眼科、泌尿器科、皮膚科、精神科の各医師が非常勤として勤務しています。

  • 外来

    当院を退院された患者さま等を対象に、外来リハビリテーションサービスを積極的に提供しています。訪問リハビリテーション・訪問看護と連携し、地域リハビリテーションの実践に貢献したいと考えております。なお、待ち時間短縮のため予約制を採用、また、初診の患者さまと入院相談のご家族には、通常の外来診療とは異なる医師が担当、ゆとりある対応を心がけています。

  • 薬剤科

    担当の薬剤師が、病棟にて薬剤についての説明をいたします。患者さまの服用しやすい剤形への変更、体質やアレルギー歴・薬剤服用歴を踏まえた薬剤の説明、薬剤による副作用・相互作用を防止または軽減するための情報提供などをいたします。

  • 病棟

    家庭的な雰囲気の中で安心して快適な入院生活を送っていただけるようお手伝いいたします。ベッドは「睡眠の場」と位置付け、お食事は食堂で召しあがっていただき、排泄はトイレで行っていただきます。 また、1日おきに入浴していただき、日中は普段着で生活していただくことを基本方針にしております。

  • 看護(Ns)・介護(ケアワーカー・CW)

    ベッドから離れる時間を徐々に増やし、できるだけ病気や障害をもたれる前と同じ生活を送っていただけるようにお手伝いいたします。 日中は寝巻きから普段着に着替え、食事は食堂で、排泄は昼夜を問わずトイレで行っていただきます。また、一日おきの入浴、毎食後の歯磨きなど清潔ケアを重視しています。

  • 理学療法(PT)

    理学療法においては、運動療法・物理療法などを駆使し発症早期から積極的に離床を促し、移動動作の確立を目指します。 また、訓練室のみではなく病棟でもADL(日常生活活動)訓練を行います。

  • 栄養部

    患者さまの栄養リスクをいち早く発見し、身体の栄養状態を評価、判定し、最適な栄養プランを提案します。 また、栄養素の不足・過剰状態を改善するだけでなく、食事を通して患者さま自身の生活意欲が向上するよう、食事援助、食環境作りを実施いたします。

  • 作業療法(OT)

    病棟生活の場を中心に、食事やトイレ等のADL(日常生活活動)訓練及び作業活動を通じて生きがい、やりがい作りに即した援助をいたします。新たな生活を想定しての訓練や、生活に便利な福祉用具の選定のお手伝いもいたします。

  • 放射線科

    放射線室は画像診断を担当する部署で、最新のMRI(核磁気共鳴断層撮影装置)やヘリカルCT、及び骨密度測定装置などを備えています。 患者さまに安心して入院生活を送っていただけるように、正確、安全、かつ苦痛のない検査を実践していきます。

  • 言語療法(ST)

    聴く・話す・読む・書くといった、言葉の機能や発音の訓練を行い、ご家族やお知り合いとコミュニケーションを取れるように援助いたします。 また、飲み込む訓練を行い、楽しいお食事を召しあがっていただけるように援助いたします。

  • 検査室

    検査室では血液・尿・心電図・脳波・超音波などの検査を担当します。 障害の原因となった疾患のフォローアップや合併症のコントロールのため、必要な検査を選択し、最新の検査機器にて実施いたします。

  • ソーシャルワーカー(SW)

    病気や障害をもちながらでも自分らしい生活を続けていくためのご相談を患者さまとご家族から専門的にお受けする職種です。ゆっくりお話を伺い、さまざまな方法をご一緒に考え、サービスを探します。 こうしたい、こうありたいという気持ちを大切に相談に応じます。

  • サポート部

    患者さまサポートチームとスタッフサポートチームで構成されています。受付、ご案内、会計、病院情報の発信、病院の環境整備、事務全般の業務を通して患者さまが気持ちよく病院を利用していただけるよう努力いたします。

ページTOPへ戻る

私達が提供するサービス

  • ■365日のリハビリテーション提供体制

    発症からできるだけ早く、そして集中的なリハビリテーションを行うことが効果的とされています。理学療法士、作業療法士、言語聴覚士によるリハビリテーションサービスを土・日・祝日も含め365日提供します。

  • ■モーニングケア・イブニングケアの充実

    朝起きて朝食を終えるまでのモーニングケア・夕食を終えて就寝するまでのイブニングケア、これらの時間帯に食事・排泄・更衣・整容・入浴といった生活行為が集中して展開されます。この時間帯のケアを重視し、起床時から就寝まで、できるだけ格差のないケアスタッフを配置しています。

  • ■生活に視点を置いた リハビリテーションの重視

    リハビリテーション本来の目的は「生活の再建」にあり、訓練室だけでなく、「生活の場」である病棟における訓練も重要です。ご家庭に復帰されたときの生活をイメージした病棟生活におけるリハビリテーションが効果的です。

  • ■充実した医療機器設備

    MRI(1.5テスラ):核磁気共鳴を利用した、多方向断層撮影
    ヘリカルCT(16列):X線を利用した、コンピューター断層撮影
    骨密度計:骨のカルシウム量等の測定
    VF装置:嚥下機能の造影検査
  • ■徹底したチームアプローチ

    医師・看護師・ケアワーカー・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・薬剤師・管理栄養士・ソーシャルワーカー等、全てのスタッフが病棟に配属され、一日も早い在宅復帰を目指して強力なチームアプローチを実践いたします。

  • ▲1階MR検査室

    ▲1階CT検査室

具体的なケアサービス

1)
食事は食堂で、可能な限り経口摂取していただきます。
2)
洗面は朝夕洗面所で、口腔ケアは毎食後いたします。
3)
排泄は必ずトイレで、オムツは極力使用いたしません。
4)
入浴は1日おきで家庭にある一般的な浴槽を使用し、浴槽に入っていただきます。
5)
朝晩着替え、日中は普段着で過ごしていただきます。
6)
一人ひとりの体型や姿勢に合った車椅子を用意いたします。
7)
転倒や誤嚥等の事故防止対策を徹底します。原則として抑制はいたしません。
8)
可能な限り日中はベッドから離れて過ごしていただきます。
ページTOPへ戻る